スポンサーリンク

具体例あり!簡単で効率的な自己分析のやり方教えます【就活生向け】

就活生向け、自己分析の方法就活

就活を始めようと思うけど、自己分析ってどうやってやればいいの?やり方がわからない

僕も就活を始めたときは、全然分かりませんでした

 

就活を終えて思いますが、自己分析はかなり大切です。

 

正直これがしっかりできていれば、大抵は面接で失敗しないと思います。

 

僕が就活生の時、30回くらい面接を受けてきました。

自己分析をしっかりしていたこともあり、全て合格できたので、僕なりの自己分析の方法を解説します。

自己分析は難しく思わないことが大切!

スポンサーリンク

自己分析とは自分の価値観を知ること

大学受験勉強

あなたは自分のことを本当に理解していますか?

 

おそらくほとんどの人が、理解できていないと思います。

 

僕自身も自分のことを理解しきれていません。

ただ、就活を通して自己分析をしたことで、以前よりは自分のことを理解できたと思います。

自己分析ってなに?

自己分析とは、これまでの自分を振り返ってみて、自分の価値観を理解することです。

 

めちゃくちゃ簡単に言うと、

自分の最近の出来事を振り返ってみて、

  • スマホケースを選ぶ → 黒色にしよう
  • 新しい靴を選ぶ   → 黒色にしよう

 

この2つの判断から、自分は、

  • 黒色が好きなのかもしれない
  • 普段身につけるモノは無難な色を選ぶ傾向があるかもしれない

という価値観が分かります。

 

それ以外の出来事を振り返ってみても、たしかに当てはまるなとなれば、それが自分の価値観です。

これまでの自分の人生の中での、自分の傾向を知ることこそが自己分析です。

なぜ自己分析が大切?

「自分はこれがいい!」

「いや、やっぱりこれがいい!」

と、自分の意見をコロコロ変える人のことを信頼できますか?

 

それが就活の面接だとすれば、確実に人事の人はあなたを信頼しないはずです。

 

この人は、言うことに一貫性がないな

と、なってしまいます。

残念ながら、こうなってしまっている人はかなり多いと思います。

 

自己分析で、自分の一貫性を見つけることで面接でも堂々と話すことができ、面接でも信頼を勝ち取れます

自己分析をしっかりすれば、面接で話せることも増えるよ!

まずは、自分年表を作ってみよう

まずは、ノートに自分年表を作ってみましょう。

 

あまり難しく考えずに、簡単に作っていきます。

  • 通っていた高校
  • 入っていた部活
  • ハマっていたこと
  • 好きだったもの
  • 印象に残っている出来事

などを、ノートに時系列に書き出していきます。

 

これをもとに、自己分析をしていくので、できるだけ多い方が良いと思います。

「なぜその行動をしたのか」を思い出してみる

当時、

「なぜ自分はこの行動をしたんだっけ?」

と思い出してみてください。

 

一つ一つ思い出しながら書き出していきます。

  • なぜその高校に進学した?
  • なぜその部活に入った?

などの理由やその時の心情を書き出していきます。どんな些細なことでも構いません。

 

例えば僕の場合だと、

  • バスケ部に入る → 近所のお兄ちゃんがやっていたから・モテそうだから
  • 大学に進学   → 先輩に勧められた大学で楽しそうだったから・将来出世できそうだから

という感じでした。(簡単にですが)

 

この2つから、僕は

  • 周りの環境に影響を受けやすいのではないか?
    → 自分が成長するためには、レベルの高い環境に身を置くべき

と分かりました。

 

このように、

「なぜ?」を繰り返していくことで、それぞれの共通点を見つけていけばいいだけです。

だんだん、自分とはこういう人間だとわかってくるはずです。

気づかない内に同じような行動をしていることに気づくはず!

他の人に聞いてみる

家族や友達に

「自分ってどういうイメージ?」

などと聞いてみましょう。

 

意外と自分が想像していない答えが返ってきたりします。

 

例えば、

「よく周りが見えてると思うよ」

と言われて、

 

「自分ではそう思っていなかった!」

となった場合は、今までによく周りが見えていたと思えるような出来事を思い出していきます。

 

いくつか当てはまる出来事があれば、それも自分です。

人に聞くことで、自分が気づいていない自分らしさに気づくことができます

他己分析ってやつだね!

まとめ

これまで紹介してきたことを実際にやってみるとかなり自己分析ができると思います。

ノートにたくさん書き出して、自分についてよく考えてみてください。

 

僕はノート1.5冊分やりました。

おかげで今までの人生を振り返ることができてかなり良い経験になりました。

 

また、面接でよく聞かれる長所・短所も、自己分析をやっていく中で必ず見つかります。

自己分析をしっかりすることで、面接でも長所・短所のエピソードもしっかりと話せるようになります。

 

自己分析を、やることで面接で話せることはかなり増えるのでしっかりと頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました